カテゴリー

設置できる屋根と、出来ない屋根

太陽光発電を導入しようと業者と話す場合、実はパネルやパワーコンディショナーの価格以前に「本当にパネルを乗せられるか」ということが一番になります。

売ることしか考えない業者には要注意!
販売する会社と工事する会社が違う場合、工事をすることを考えずに売ることばかりを考えた業者だったりすると、いざ工事を始めてからパネルを乗せることが難しいことが判明して追加料金が発生することになります。最悪は本当は設置できない屋根なのに、無理やり設置をして雨漏りの原因になることもあり、そこに補修作業費用が発生する場合もあります。

最初から太陽光発電を導入予定の屋根ならば問題はありませんが、新築でなければ難しいところです。システムそのものよりも、ここが一番トラブルが多いと言われています。

工事費の内容がはっきり見積もりで明記できる業者を選ぶのも導入のポイントです。