カテゴリー

システムの設備価格について

太陽光発電システムに必要なもの

太陽光システムの価格を算出する前に、設備として必要なものを並べてみましょう。

  1. 太陽電池モジュール。一般に太陽光発電パネルと呼ばれています。太陽光エネルギーで発電します。
  2. 架台。太陽電池モジュールを屋根に設置する場合に支える架台です。これは屋根の材質や勾配角度によって変わります。
  3. 接続箱。太陽電池モジュールと、パワーコンディショナーを繋ぐ箱です。メーカーによってはパワーコンディショナーと一体になっているものもあります。
  4. パワーコンディショナー。太陽電池モジュールで作られた直流電力は接続箱を通り、さらにパワーコンディショナーに送られ交流電力に変換して家電に送られます。

5.電力量計(売電メーター)。買電メーターはすでに設置されていますが、売電メーターは別に電力会社から購入することになります。

6.発電量モニター。これは基本オプションです。ただ、太陽光発電がどれくらいされているか、発電機の故障や異常があるか、電気は目では見えないので、こういったモニターが重宝されます。

7.昇圧機。通常パネル何枚/1系統として、その倍数でシステムを作り、接続箱に繋ぎます。しかし枚数が足りなくて1系統にならないパネルも有効利用するための昇圧させるものです。

8.蓄電池。これがないと発電できないというわけではありません。が、太陽が出ていない時は発電できない太陽光発電。余さず無駄なく使おうという時に便利です。また、災害時にも活躍が期待できます。

 

絶対必須の設備と価格

太陽光発電システムに必要な設備をあげてみましたが「これは外せない。絶対に必須」という設備で、価格的に重要なものはパネルとパワーコンディショナーです。

価格も性能も、メーカーによってバラツキがありますから、種類や環境を考えて決める重要なポイントなのです。